bit

シカゴで開催された「トイレ・レボリューションイベント」とは

シカゴで開催された「トイレ・レボリューションイベント」とは
「単なるトイレ」を公言するイベント「トイレ・レボリューション」がシカゴで開催。
以前コネタで紹介したことがあるズボンを履かずにパンツで電車に乗ったり、公共の場をステージにみたて一般の人をオーディエンスにし、その反響を楽しむという誰でも参加できるスタイルの劇団「どこでも演劇」

一般参加型という点では同じでも、楽しむというよりメッセージ的なものを持つイベント「トイレ・レボリューション」が先週シカゴで開催された。
シカゴ市内の公共トイレで、堂々と別性のトイレに入り、何か言われたら「単なるトイレ」を公言する、というのがテーマ。

「一日に一度は必ず、どっちのトイレを使おうか?」と考えるという主催者のケイトさん。彼女はシカゴの「ジェンダークゥエアー(genderqueer)シカゴ」(男性でもなければ女性でもない「言うなれば中性」)というコミュニティーの創設者。

知人グループとの飲みの席で、自意識が薄れている頃、トイレに入ってしまったとき、「すみません、あなた女性じゃないですよね?」と静かに言われ、「『単なるトイレ』だと思ったんだけど」と返答したケイトさん。相手もそれに納得したのか、それ以上何も言われることなく穏便に用を済ますことができた。
「単なるトイレ、用を足す場所、そんなにシリアスにならなくともいいんじゃ?」と相手に感じてもらえるのでは? と、この時にこのアイディアがひらめいたらしい。

コミュニティーメンバーは男女どちらのトイレでも胸を張って使用できない日々を送っている。人間生きていれば排泄はつきものだ。

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る 2009年9月30日のコネタ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おもしろの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース