bit

イヤホンみたいに小さい携帯音楽プレーヤー

小型スティックやクリップタイプの携帯音楽プレーヤー『iPod shuffle』が世に出たときは、「こんなに小さくなるものか」とびっくり。だが、それを上回るものを最近見つけた。まるでイヤホンのようで、もはや携帯音楽プレーヤーの大きさとは思えない。
果たして、その使い心地は?

無線イヤホンのように小さい携帯音楽プレーヤーとは、『マイクロスポーツMP3プレーヤー』(発売元・サンコー)。サイズ、重さは16×25×22ミリ、8グラム。実際、手に乗せてみるとほとんど持った感じがしないほど軽い。イヤホン部分と本体が合体しているため、装着時にコードが邪魔になるようなことがなく、装着していることが目立たないので、音楽プレーヤーを身につけていること自体忘れてしまいそうだ。

使うときは、付属のアタッチメントで耳に固定する。音量や曲送り操作が可能。容量は2ギガと4ギガの2種類。充電や音楽データなどの入出力にはパソコンのUSB端子につなくだけ。音楽プレーヤーとしてだけでなく、USBメモリにもなる。

さて、販売サイトでの説明ではジョギングなどスポーツをしているときに最適だという。軽くて小さいうえ、片耳式なので安全面を考慮して外部の音を聴きながら使いたいユーザーにはぴったりなのだ。また、両耳で聴きたいときは、付属のイヤホンを取り付ければステレオ出力にもなるのだ。
ただ、難点としては電源、音量、曲送り各ボタンが本体にあるので、装着すると操作が手元でボタンを確認しながらできないこと。ちょっと不便。リモコンで操作できればベターなのだが。

筆者の印象としては、「音楽が聴けるUSBメモリ」という感じ。写真やテキストデータの保存をしながら、ついでに音楽データも入れておいて、空いている時間や移動時間に手軽に音楽を聴くのに良いのでは。
ちなみに元祖小型音楽プレーヤー『iPod shuffle』の2ギガモデルの価格が5800円に対し、4980円と約1000円ほど安いのも見逃せない。

世界最小、最軽量クラスの音楽プレーヤーであなたの音楽ライフの幅がもっと広がるかも。
(羽石竜示)
編集部おすすめ

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コネタニュースランキング

コネタランキングをもっと見る
お買いものリンク