bit

メガネのレンズの同じ場所だけいつも汚れる理由



続いて、考えられる2つ目の理由は、「涙が飛んで付着する」というもの。
「涙液は、まばたきによって飛ぶことがあります。特に眼に涙液が多いとき、たとえば、あくびをしたときやゴミが入ったときなどは飛びやすく、レンズに点々とした汚れ(油分)が付着します」
ただし、この場合は通常、左右ともに汚れが付着するもの。涙液が飛びそうな際、メガネを外すことで、汚れの付着を防ぐことができるという。

「3つ目の理由は、レンズの傷みです。一般的にレンズには『キズ・光の反射・水垢』を防止するコーティングが施されています。その中で『光の反射』を防止するコーティングが傷んできますと、汚れのように見えることがあります」
ただし、この場合は、常に汚れが見えるので傷だということがわかるそう。

メガネの正しい手入れが、解消法につながるという。そこで、メガネの正しいお手入れ方法を教えてもらった。

「まず水道水で洗います(べっ甲製のフレームは除きます)。その後、ティッシュで水気を取り、『ビューシィー』など、レンズクリーナーをつけて、ティッシュでやさしくふき取った後にメガネ拭きで仕上げ磨きをします」
ちなみに、メガネを洗う際、洗剤やお湯はコーティングをはがしてしまうことがあるので、使用しないほうが良いのだそうだ。

「メガネの同じ場所がいつも汚れる人」はぜひご参考に。
(田幸和歌子)
編集部おすすめ

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コネタニュースランキング

コネタランキングをもっと見る
お買いものリンク