bit

消臭剤の「室内用」「トイレ用」はどう違う?

以前、「トイレの『キンモクセイの香り』が減った理由」の記事を書いたが、近年は、お菓子のように甘い香りの消臭剤なども続々出ているなか、やっぱり人気は、定番の香りのようだ。
しかも、「トイレ用」「室内用」ともに定番は同じところに落ち着いているとは、ちょっと意外。

ところで、同じ消臭剤でも、置くタイプと、スプレータイプがあるけど、やはり違いは「即効性」「効果の強さ」なのだろうか。
「『トイレの消臭元』『トイレの消臭スプレー』ともに、類似の芳香消臭成分を使用していますが、使用シーンの違いによって設計が異なります」
どんな違いがあるかというと……。
「置き型は、いつでも心地のいい空間が保てるよう常時芳香消臭するよう設計しています。そして、ろ紙部分で芳香消臭成分が少しずつ揮発または反応し、長時間持続するよう設計しています。一方、スプレータイプは、トイレの使用直後に瞬間的に発生する強い悪臭をすばやく消せるように、トイレ全体に一瞬で芳香消臭成分が拡散されるような形態となっています」

置くタイプと瞬間消臭タイプで違うのは、実は「成分」ではなく、成分の「出方」や「広がり方」のほうにあるのだった。
では、やっぱり「室内用」をトイレに置くというのは……?
「お部屋用をトイレに置いても問題はございませんが、やはりトイレの気になるニオイには対処できないかと思いますので、おすすめはできません」

中身も、容器も、それぞれ用途別に工夫されている「室内用」「トイレ用」消臭剤。やはり「適材適所」が大切です。
(田幸和歌子)

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「消臭剤の「室内用」「トイレ用」はどう違う?」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    なるほど、やはり適材適所なんですね。ホームセンターにお部屋の消臭元のレモンの香りが置いていなかったので、トイレ用を買っても良いのかな?と思っていたんです(笑)助かりました♪

    5
この記事にコメントする

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2009年11月20日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。