bit

花火は中止でもイルミネーションは盛んな理由

花火は中止でもイルミネーションは盛んな理由
写真は表参道。イルミネーションがあちこちでにぎやかな季節です。<br />(c)2009 + VELVETA DESIGN
さる11月2日、長野県須坂市で、たった5分間程度の花火が打ち上げられた。

これは不況の影響で夏の花火大会が中止されたことを受け、復活を目指す「須坂の夜空に花火を上げようの会」が、市民などから集めた募金約50万円で105発の花火を打ち上げたもの。

ところで、ふと気になるのは、今年は不況で須坂市以外にも夏の花火大会が各地で中止となったのに対し、冬の風物詩・イルミネーションは各地で盛んであること。

イルミネーションと花火、全く別ものではあるけれど、ともに季節の空を彩る存在として、なぜ両者の明暗が分かれてしまったのか。

たとえば、今年は表参道のイルミネーションが11年ぶりに復活するが、その理由について、主催の商店街振興組合原宿表参道欅会は言う。
「景気低迷により明るい話題のない中、『表参道から“元氣”を発信したい』、『街を訪れる人を笑顔にしていきたい』という思いから、街が一丸となり、けやき並木のイルミネーションを11年ぶりに復活させることを決定しました。加盟店舗や地元住民へは、事前にイルミネーション実施に関するアンケートを実施。9割以上の賛成を得て、イルミネーション復活へと至りました。LED(発光ダイオード)の採用によって、かつての豆電球よりも、発熱量・消費電力量を抑えることができ、また、LEDの取付方法を枝に巻くのではなく、添わせるように設置することで、けやきの木への負担を軽減し、保護を考えています」

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2009年11月22日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。