bit

簡単でエコ! な「野菜の皮むき」

簡単でエコ! な「野菜の皮むき」
「野菜の皮むき」(オープン価格)<br />とうもろこしの芯を細かく砕き、研磨材として再利用している。
みなさん、野菜の皮むきは得意ですか?

ひとくちで「野菜」といっても種類はいろいろあるが、個人的にはジャガイモの皮むきが一番苦手。登場回数の多い食材だけに、いっそう面倒に感じてしまう。

ところが先日、そんな私の救世主となってくれそうなアイテムを近所のスーパーで発見。商品名はずばり、「野菜の皮むき」。パッケージの説明によれば、天然のとうもろこし研磨剤を使った野菜の皮むき専用のタワシなのだという。「水に濡らしてこするだけ」というキャッチコピーに惹かれ、ひとつ購入。早速、家でジャガイモの皮むきにチャレンジしてみることに。

使い方は前述の通り、ジャガイモと商品の両方を水に濡らしてこするだけ。少し強めの力でゴシゴシこすると、面白いように皮がむけていく。むいた後はジャガイモを軽く水で洗えば完成。とにかく簡単なのだが、その使い心地以上に驚かされたのが、皮が非常に薄くむけること。これは経済的にも嬉しい。

商品を発売しているレック株式会社の方に話を聞いてみると、商品は2006年からスーパーやホームセンター、東急ハンズなどで販売中。2008年にはゴミが少なくなるエコ商品としてグッドデザイン賞も受賞しているそう。
「環境に優しいことに加え、野菜の皮むきに野菜を使うというアイディアが、ありがちな家事という行為にユーモアをもたらしていると評価されました」
もちろん、使い勝手も好評だそうで、
「年輩の方、手が不自由で包丁をうまく持てない方から、“危なくないので助かる”というお言葉もいただいています」
ジャガイモのほかに、さといも・れんこん・ごぼう・やまいも・にんじんにも使える。

もちろん商品は皮がむけなくなってくるまで、ある程度繰り返して使用可能。使った後は水洗いして乾かしておけばOKだ。表面にあいている8つの穴が目詰まりを防いでくれる。

簡単に野菜の皮がむけるうえ、無駄なく食材も使える一石二鳥な「野菜の皮むき」。キッチンにひとつあると重宝しそうなアイテムです。
(古屋江美子)

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る 2009年11月24日のコネタ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おもしろの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース