bit

デジカメの得意な被写体ってなに?

デジカメの得意な被写体ってなに?
夜景や室内などの暗いシーンが得意な「裏面照射型CMOSセンサー」搭載のコンパクトデジカメ『DSC-WX1』(ソニー製)。
デジカメで色んなモノを撮りまくっていると、「いい写真が撮れた」と喜ぶこともある一方で、仕上がり的にがっかりすることも。当たり前といえば当たり前のこと。だが、この違いは撮影者の腕の問題だけであろうか。もしかして、デジカメの特性も関係しているのでは。この疑問を解くべく、最近のデジカメとフィルム(銀塩)カメラで撮り比べをしてみた。

以前、銀塩とデジタル写真の差を取り上げた「フィルムカメラの得意な被写体は?」では銀塩カメラが勝利したが今回はどうか。
使用するコンパクトデジカメは『DSC-WX1』(ソニー製)。同カメラには夜景や室内などの暗いシーンが得意という「裏面照射型CMOSセンサー」が搭載されている。他方、銀塩一眼レフカメラには、暗いところに強いISO1600の高感度フィルムを入れて対抗することにした。

夜、駅周辺のビルや商店街などを撮影してみた。デジカメの感度設定も同じくISO1600にした。ところが、シャッタースピードがどの被写体でも『DSC-WX1』のほうが速い。これはなぜか。「裏面照射型CMOSセンサー」が、通常の2倍の感度を持っていることが速いシャッタースピードの理由だとわかった。とはいえ、暗いところでシャッタースピードを速くしようと思えば、明るいレンズを使えばいいので、これが銀塩カメラとの決定的な差とは必ずしもいえない。

やはり問題は画質。まず、照明でライトアップされたビルや居酒屋の外観を撮影。すると、意外にも銀塩写真との差はあまり感じられなかった。むしろシビアに見れば、銀塩のほうが全体的に露出バランスが良かった。対して、デジカメ写真は照明が強い部分が明るく写り過ぎで、露出オーバー気味なのだ。

あわせて読みたい

  • デジカメ写真の画質の不満なところ

    デジカメ写真の画質の不満なところ

  • コンパクトデジカメにストラップは必要か?

    コンパクトデジカメにストラップは必要か?

  • とび出すズームレンズは壊れやすい?

    とび出すズームレンズは壊れやすい?

  • デジカメに「グラサン」をかけると?

    デジカメに「グラサン」をかけると?

  • コネタの記事をもっと見る 2010年1月24日のコネタ記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    > 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    おもしろの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース