bit

「ブルーレイ」(BD)が必要なわけ

「ブルーレイ」(BD)が必要なわけ
外観は同じだが、BD1枚の記録容量25GBは、DVD5枚強、CD35枚強に相当。2層50GBならその2倍。また、ビデオ画素数は6倍。
次世代光ディスク規格がBlu-ray Disc(BD)に事実上決定してからもうすぐ1年。ただ、やはりまだまだ世間ではDVDが主流で、「ブルーレイって何?」「DVDで十分」といった人は多く、「Blu-ray」を「Blue-ray」と誤記されたり、「BD」という略称が通じなかったり……。
しかし実は、どんどん新しいAV・デジタル機器が普及していってる現在、記録媒体の光ディスクがDVDでは対応できなくなってきている。では、BDの必要性がどれほど高まっているのだろうか?

まずは「ブルーレイって何?」から見ていこう。

BDは、CDやDVDと形状や材質(直径12cm、厚さ1.2mmのプラスチック円盤)はほぼ同じだが、記録容量は片面1層25GB・片面2層50GBと、DVDの1層4.7GBの5倍以上だ(直径8cm、1層7.5GBの小型タイプもあり)。片面2層とは、記録層を2つ重ね、記録容量を倍増させたもの。
大容量のデータを読み書きするため、転送速度(読み書きの速度)は、等倍速36Mbps=4.5MB/s(1秒間に4.5MB)と、DVDの11.1Mbps=1.35MB/sの約3倍。BD-Rは現在6倍速(216Mbps=27MB/s)まで規格化されている。
DVDが波長の長い赤色レーザーに対して、BDは波長の短い青色(青紫色)レーザーを使っていて、より細かく情報を記録・再生している。これが「ブルーレイ」の名前の由来。

あわせて読みたい

  • DVDやブルーレイの「輸入盤」を見かけない理由

    DVDやブルーレイの「輸入盤」を見かけない理由

  • コネタの記事をもっと見る 2010年1月26日のコネタ記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    > 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    おもしろの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース