bit

面白い結婚式の余興、ない?

面白い結婚式の余興、ない?
式の主役はもちろん新郎新婦。その出し物がどんなものであったとしても二人が喜んでくれたのであれば、成功だったと言えるでしょう。
「結婚式で何か余興やってよ!」
結婚を控える友人にこう言われると、考え込んでしまう。結婚ソングを歌ったり、二人の馴れ初めを映像にして流したり。捻ったところで小芝居やダンス。どれも喜んでもらえるだろうが、ベタかなぁという気もする。何か面白い出し物はないだろうか……。ということで式場の演出を担当する『セレモニーマスター』の方に、印象に残った余興について話を伺ってみた。

「私が見た中で珍しいなと思ったのは、『式中に料理教室を開く』というものですね。出し物をする友人が新婦と同居していたらしく、その頃の思い出の料理を会場で作っていらっしゃいました。また、私の勤務する式場には敷地内にプールがありますので、そこでラジコンボートのレースをするというものもありましたね。でもそれ以外で印象的なものとなると、ちょっと出てこないですね。スペースや設備の関係でどうしても制約が出てしまいますから、突飛な出し物はやり辛いかもしれません」

ということで、やはり歌や映像の余興が多いそう。それらの余興でももちろん良いのだが、ありきたりだと思われはしないだろうか……。

「確かによく目にする出し物ですが、工夫次第でとても良いものになりますよ。映像関係で印象的だったのが、『47都道府県の街行く方々に“おめでとう!”を言ってもらう』というものですね。出し物をする方が旅行会社の方で、全国を回る機会が多いからこそ出来たことでしょうが、力が入っているなと思いましたね。また、ただ映像を流すだけでなく、より効果的に使用した例もありました。DVDが始まると、衣装制作や練習風景などの映像が流れるんです。その後、映像の中の友人たちが衣装を着て電車に乗り、徐々に披露宴会場に近づいてきます。映像は会場の扉の前でストップ。終了と同時に、本人たちが登場して歌を歌う、というものです。本人たちが入場した時には会場は大盛り上がりでしたね」

制約のある中で工夫するというのも、確かに面白いかもしれない。最後に、余興を良いものにするためのコツがないか伺った。

「式場のスタッフに相談してもらうこと、でしょうか。同じような余興をするのでも音楽や照明など、演出面で私たちがお手伝いできることは結構あるんです。力を合わせて素晴らしい式にしましょう!」

なんとも力強いお言葉。式場のスタッフにも協力してもらいながら、新郎新婦に喜んでもらえる素敵な余興がしたいものだ。
(rotten/studio woofoo)

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る 2010年1月28日のコネタ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おもしろの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース