bit

ドラッグストアで選んでくれる薬の基準って?

ドラッグストアで選んでくれる薬の基準って?
あなたに合った薬を出してくれます。
例えば熱っぽくて、ドラッグストアへ市販の風邪薬を買いに行くとする。カウンターで薬剤師に「熱があって、ちょっとだるいんです」とか症状を伝えると、「これでいかがですか?」と、薬を選んで出してくれる。言われた通り、その薬を買う。

2009年6月の薬事法改正で、風邪薬などは薬剤師から手渡しで買うことになってから、そんなやりとりが多いと思う。でも、ちょっと疑問が。
例えば熱を下げる薬って、いろんな会社から出ていて、薬剤師の後ろにいくつも並んでる。なのに薬剤師は、そのうちのひとつをサッとすぐに差し出してくる。

一体、選ぶ基準って何なんだろう? まさか! 値段が高いものを売ろうとしてるとか!? 社団法人日本薬剤師会に話を伺った。
「いえいえ、値段じゃないです。患者さんの年齢や性別、症状の度合い、普段薬を飲んでいるか、アレルギー歴はあるか、仕事中に飲むかなど、伺った情報をもとに、その人に合った薬を薬剤師が判断するんです。同じ症状に効く薬でも、成分がそれぞれ違うんですね。例えば熱を下げる成分としては、アセトアミノフェンとか、アスピリンとか、イブプロフェンとか、いろいろありまして。その中から、例えば妊婦や授乳婦であれば、アセトアミノフェンがいいだろうなどと選ぶわけです」

成分の他にも、患者が話す内容によって、勧める薬はさまざま。
「例えばお年寄りの中には、薬を飲み込むのが苦手で、錠剤を好まない方がいらっしゃいます。あと入れ歯の方は、顆粒だと入れ歯と歯茎の間に挟まって痛いということがあります。ですので、成分のほかに形状や服用回数などを含めて、その方に合わせた薬をお出ししているんですね」

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2010年2月2日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。