bit

超小型ノートPCにカナ入力がないワケ

超小型ノートPCにカナ入力がないワケ
リアルポケットサイズPC『LOOX Uシリーズ』(富士通製)の春モデル。
ネットブックよりもさらに小さく、重さが500グラムに満たない超小型ノートPC(以下UMPC)が各社からラインアップされているが、以前からちょっと気になることがある。
それは、カナ入力を省いているモデルがあること。なぜなのだろうか。長年のカナ入力ユーザーの筆者としては是非とも知りたいところ。そこでメーカーに聞いてみた。

比較的早くから存在している有名なUMPCと言えば、『LOOX Uシリーズ』(富士通製)と工人舎の『PAシリーズ』などの各ラインアップであろう。『LOOX U』は5.6型ワイド液晶で、外形寸法204×106.5×23.8ミリ、重さ約495g(バッテリー含)。「リアルポケットサイズ」を謳っているいるだけあって、片手で楽々つかめるくらい小型・軽量だ。

対して、『PAシリーズ』はさらに小さく、4.8型ワイド液晶で、外形寸法161×111×26ミリ、重さ約400g(バッテリ含)。ここまで小さくなると、パソコンというより電子辞書みたいです!

ここで、両シリーズのキーボードをよく見てほしい。すると、ネットブックやふつうのノートPCに比べ、キーの数が格段に少ないことがわかる。実際に数えてみると、筆者が使用している13型ノートPCのキーの数は全部で85、他方『LOOX U』は75だ。さらに、キーにはカナの印字がまったく見当たらない。これってつまり、カナ入力ができないってこと。

これはカナ入力ユーザーとしてはかなり不満。だが、救いの神あり。同じUMPCのカテゴリーでもたとえば、『Pシリーズ』(ソニー製)のようにカナ入力に対応するモデルもあるのだ。しかし残念ながら、同モデルは245×19.8×120ミリ、約626グラムで『LOOX U』や『PA』よりやや大きくなってしまっている。

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2010年2月2日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。