bit

モーグルウェアのひざの“ライン”は何?

モーグルウェアのひざの“ライン”は何?
モーグル選手の“ひざ”にチェック。
モーグル競技を見ていていつも気になっていたのは、選手のウェアのひざ部分に“ライン”みたいなやつが入っているところ。
ひざサポーター的なものだとしたら、ウェア下に装着したほうが機能する気もするし、どうしてあのデザインが採用されているのか……。

3月にモーグルのW杯が開催される、「2010フリースタイルFISワールドカップ猪苗代大会」の大会事務局、服部さんいわく、
「ターン時におけるひざの動きを審判員にアピールするためのものです」

前回コネタで採点方法について紹介したが、ターンの点数配分は全体の50%を占める。審判員は、上半身のバランスのほか、両ひざがきちんと揃っているか、こぶ斜面の衝撃を吸収できているか、といった動作をチェックしている。

「審査員は、フィニッシュラインの先に位置するジャッジスタンドから見ています。遠くからでも、『脚がそろってますよ』と審判員にしっかりアピールできるよう、ウェア全体とひざの部分が異なる色違いのカラーを採用している選手が多いです」

ウェアによっては、もともとひざの部分の色を変えたデザインのものや、試合の時だけ取り付けられるよう、ボタンなどで着脱式になっているもの、また、直接テープで色違いの布を貼り付けたり、なんてケースがあるようだ。

そもそも、ウェア自体も、動きやすさ、保温性、安全面の配慮やファッション性という要素以外に、ジャッジを意識した仕様になっていることもあるという。ひざが開いてしまったといったマイナスポイントを目立ちにくくするためにボリューム感をもたせたり、逆に自信があってよりアピールしたい場合はタイト気味になっていたり。
また、すでにお披露目されているモーグル女子・上村愛子選手と伊藤みき選手のウェアの配色は、太陽光はもちろん、決勝が行われるナイター照明での映え方も考慮されたものだ。

それにしても、トップレベルのモーグル選手のひざの動きはなんともなめらかで、見ていてとっても心地いい。バンクーバーオリンピックでは、モーグル選手の“ひざ”にチェックだ。
(エキサイトニュース編集部)

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る 2010年2月12日のコネタ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おもしろの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース