bit

デジカメの単3電池バッテリーは不滅か?

デジカメの単3電池バッテリーは不滅か?
単3電池バッテリー対応の光学15倍ズーム搭載のデジカメ『COOLPIX L110』(ニコン製)。2月19日発売。予想実売価格3万3000円前後。
デジカメが普及して、はっと気づくのはフィルムだけでなく単3電池も使う機会がなくなったこと。銀塩(フィルム)時代はおもにコンパクトカメラのバッテリーとして活躍していたわけだが、デジカメではリチウムイオン充電池が主流になっているからだ。ところがつい最近、デジカメの新モデルの中に単3電池対応のものを見つけた。今の時代どうして? その理由をニコンに聞いた。

2月19日発売の高倍率ズーム搭載デジカメ『COOLPIX L110』、そしてコンパクトデジカメ『L22』『L21』はいずれも単3電池を使用。ニコンは単3電池のメリットについて、以下のように説明する。
「日帰りレジャーはもちろん、国内外の旅行先でのバッテリー切れにも素早く対応でき、どこへでも気軽に持ち歩いて撮影を楽しめる点です」
確かに、コンビニに行けば必ず単3電池は売っているが、リチウムイオン充電池となると大きめのカメラ屋でないと難しい。その意味では単3電池バッテリーのデジカメのほうが安心だ。

しかし、デジカメの構造的な問題として、銀塩カメラよりも電気を多く消費してしまう宿命。なので、単3電池だとすぐバッテリー切れになってしまいそう。そこで、『COOLPIX L110』『L22』『L21』の3モデルは従来のアルカリ電池よりも長持ちの使い捨てリチウム単3電池や、充電が可能なニッケル水素電池にも対応している。

「リチウムイオン充電池の予備電池と充電器を旅行先に持っていけばいいではないか」というかも知れない。だが、そもそも予備電池をいくつ持っていけば足りるかをあらかじめ知ることは不可能。旅行先で撮影したいものがどのくらいあるかなど行ってみなければ分からないから。また、充電は基本的にコンセントがある屋内でしかできないし時間もかかる。そんなことから、単3電池のほうがデジカメ用バッテリーとしては便利だと筆者も思う。

あわせて読みたい

  • ニコンの黄色のロゴが意味するものは?

    ニコンの黄色のロゴが意味するものは?

  • エボルタ君がグランドキャニオン登頂を目指したワケ

    エボルタ君がグランドキャニオン登頂を目指したワケ

  • コネタの記事をもっと見る 2010年2月20日のコネタ記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    > 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    おもしろの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース