bit

目指すものは原音 “木”の振動板って!?

目指すものは原音 “木”の振動板って!?
“木”の振動板はこんなにミクロな域まで達している。インナーイヤーヘッドホン『HA-FX700』。
バンドのライブやオーケストラのコンサートが見たい! と思うのはやはり生の音に触れて迫力や臨場感を味わいたいからだろう。スピーカーやヘッドホンでもそんな原音さながらの衝撃を受けたら、いっそう感動の場面は広がる。日常の中でも臨場感が味わえるってことだ。

“原音探究”に長年取り組みつづけている日本ビクターは、2月上旬“木”の振動板を採用したインナーイヤーヘッドホン『HA-FX700』を発売した。この“木”の振動板は日本ビクター独自に開発した世界初の技術で、2003年にウッドコーンコンポ第一弾として登場したのがはじまり。

なぜ振動板として“木”という素材に辿りついたのか?
「私たちの音作りは“原音探究”の思想のもと、“楽器やボーカルの本来の音を伝えたい”という思いで開発に取り組んでいます。音の良い楽器は“木”でできたものが多くあります。ピアノ、バイオリン、チェロ、ギターなど……。そこで、木の響きをうまく利用して振動板に活かせないかという発想が生まれました」と開発担当者は語る。

“木”には自然がもつ音のエネルギーや秘密があるのかもしれないと研究を始めたのがきっかけなんだそう。しかし、“木”を利用した振動板を作る上で、スピーカーにおいては、加工の段階で大変な苦労があったという。木をコーン型に加工することがうまくいかず、“スルメ”をヒントに日本酒に漬けて加工する方法を見つけたそうだ。

ヘッドホンにおいても何か特殊な加工が施されているのだろうか?...続きを読む

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る 2010年2月21日のコネタ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース