bit

コーヒーにポリフェノール、なぜ今わかったの?

コーヒーにポリフェノール、なぜ今わかったの?
美味しいコーヒーを飲んで、ポリフェノールをとりましょう。
「実は、そのネスカフェでポリフェノール」というCMを観て、あるいは、店頭でネスカフェの商品パッケージに「ポリフェノール」のマークを見つけて、「え!? コーヒーでポリフェノール!?」と驚いた人は多いのではないだろうか。

毎日飲んでいるコーヒーでポリフェノールがとれるとは、何よりの朗報。
でも、コーヒーの愛飲家として、ふと疑問に思うのは、「なぜそんな良い情報をこれまで教えてくれなかったのか」ということだ。

「ポリフェノール」という言葉と、その健康効果の認知度は高く、これまでも「赤ワイン」「ココア」などが注目されてきたけど……。なぜコーヒーはこれまで言われてなかったのか。また、いつわかったことなのか。きっかけは? ネスレ日本に聞いた。

「もともとコーヒーにポリフェノールが多く含まれていることは数年前からわかっていたのですが、昨年11月に、お茶の水女子大学の近藤和雄教授と共同で『日本におけるポリフェノール摂取量とコーヒー摂取に関する検討』についての研究・調査をしたところ、1日あたりのポリフェノール摂取量では、コーヒーが約半分を占めていることがわかったんですよ」(広報担当者)

また、近藤教授のコーヒーとそれに含まれるポリフェノールの関係の研究・調査によると、「飲料中の総ポリフェノール量」(mg/100ml)は赤ワイン230に対し、コーヒーが200と、ほぼ同量のポリフェノールが含まれていることも判明している。

あわせて読みたい

  • 青森弁全開で悩殺!? 松山ケンイチのCM

    青森弁全開で悩殺!? 松山ケンイチのCM

  • コネタの記事をもっと見る 2010年3月11日のコネタ記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    おもしろの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース