bit

パソコン使用で疲れないためには?



位置調整では、視線が画面上端の高さに正面でまっすぐになるか、少し下がるくらいにする。画面との距離は40~50センチくらいにして、画面に外光や照明の光が映りこまないように画面の角度も調整する。調整には高さが変えられるスタンド付きのモニターが便利だ。

最後にリフレッシュ方法は、連続作業時間を60分以内にして10~15分の作業休止を入れる。休止中はパソコン以外の作業をしたり、遠くを見たり、ゆっくり瞬きをする。また、席を立って歩いたり、水分補給をすると心身のリセットにもなる。

以上、疲れの原因から対策までざっと説明したが、詳細は「今すぐ出来る!疲れ目対策講座」(EIZOサイト内)を参照のこと。
ちなみに、筆者もパソコン使用で肩こりがひどい。たぶん目の疲労からきていると思うので、実践してみたいです。
(羽石竜示)

※長時間のパソコン作業による疲れ目や肩こり、腰痛、肌荒れ、目のくま、体重増などに悩んでいる方への無料セミナー「デジタルビューティー講座」をEIZOガレリア銀座で4月14日(19時~20時)に開催。興味のある方はどうぞ

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

おもしろニュースランキング

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2010年3月26日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。