bit

動画でメッセージを残せるビデオメモ

動画でメッセージを残せるビデオメモ
ビデオメモ『GH-DM14M』。グリーンハウスより3月下旬発売。カラーはホワイト、グリーン、ピンクの3種類。直販価格3480円。
自分の留守中に、帰ってきた家族に伝えておきたいこととかありますよね。たとえば、「今日は遅くなるから夕飯はいらないよ」とか。あるいはお母さんだったら、「鍋にカレー入ってるから温めて食べて」など。
こんなメッセージを伝えるには、これまでならメモ書きをテーブルに置いていっただろう。
だが、現代はデジタル社会なのだし、もう少し現代風にメモを残しておいてはどうか。

メモの代わりに声を録音し、さらに登録者の表情も同時に録画してしまおうというのが、ビデオメモ『GH-DM14M』(グリーンハウス製)。本体にCMOSカメラとマイクを備え、最大30秒間の動画・音声を記録できる。手のひらサイズで、ボタンの数は3つだけ。裏にマグネットが仕込んであり、冷蔵庫の表面など金属面に貼り付けられる。

実際に使ってみると、電源オンでモニターに自分の顔が映る。モニター横に小さいカメラがあるのだ。つぎに、録画ボタンを押してスタート。「今日は20時に帰るよ~。ご飯は用意しといてねぇ」などとつぶやく。録画ボタンを再度押すとストップする。そして、再生ボタンで、メッセージが聞ける。もちろん動画付きで。

これ、結構使えると思うのは、ただメッセージを残すだけでなく、たとえば最近考えた一発ギャグをついでに入れておき、見た感想を逆にメッセージとして吹き込んでもらう。こうすると、新しいギャグが照れくさくなく試せるのでは。さらに、隠していたことを懺悔するというのはどうか。「実は、こないだ遊び過ぎてお金なくなっちゃった。ごめん、臨時お小遣いちょうだい」とか。
たった30秒間なので、言えることが限られているから、スイッチを入れたら、なる早で気持ちを吹き込もう。

昔から短歌、俳句がいい例だが、話題の140字制限のtwitterしかり、文字数は少なくとも結構言いたいことは言えてるもの。今日、動画も今後ショートな世界に中身を凝縮して伝える時代になっていくのだろうか。
まぁとりあえず、時代のトレンドはともかく、自分なりに気軽にショートメッセージ動画を楽しんでみては。
(羽石竜示)

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2010年3月30日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。