bit

昔から気になっている「あるパソコンパーツ」の呼び名

       
たくさんあるパソコンのパーツの中で、以前から気になっているものがある。それはビデオカードとグラフィックカード。実は、両方とも同じパーツを指す言葉。今でも両方ともよく使われるのだが、どうしてふたつの呼び名を使っているのか不思議。そこで、パーツ会社に呼び名の事情を聞いてみることにした。

そもそも、ビデオカードまたはグラフィックカードと呼ばれるパーツは何をするものなのか。簡単に言うと、パソコンの画面表示を担う。テキストや画像などの元データを演算して、それをモニターに表示しているのだ。3Dゲームの画像に代表されるような、パソコンへの負荷が大きいデータ処理ではとくに威力を発揮する。最近のゲームはどんどん解像度が上がり、精密な画像が増えたこともあり、同パーツ自身もそれに合わせて高性能化している。

さて本題。まずどちらの呼び名が先に登場したのか。
「古くから呼ばれているのはビデオカードのようです」とリンクスインターナショナル。どうしてグラフィックカードが後から加わったのかは定かでないが、video(テレビ映像)に対し、graphicは「写実的な」いう意味がある。

この言葉の意味から推測すると、近年の技術進歩により、3D画像のようなリアルなコンピュータグラフィックが世に登場した影響で生まれた呼び名かもしれない。
ま、どちらも画像にはちがいないのだから、これまで並行して両者の呼び名が使われてきたのは自然といえば自然である。ちなみに英語表記ではGraphics cardとなり、「s」が入る。

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

おもしろニュース

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2010年4月9日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。