bit

Shall we ダンス、しませんか

Shall we ダンス、しませんか
普段とは違う舞台で華やかに踊る、と言うのもストレス解消になるそうです。
“ダンススポーツ”という競技、ご存知でしょうか。
一部では新しいスポーツとして知られていたのだが、今年11月に開催されるアジア競技大会では正式種目に選ばれたということで、このダンススポーツが再び注目され始めているそうだ。

社交ダンスは書いて字のごとく社交をメインにしているが、ダンススポーツはこれに採点システムを取り入れたもの。

ヨーロッパを中心に行われて来た競技だが、日本でも全国各府県主催の競技会やアマチュア大会など毎週、どこかで競技が行われているそう。
さらに2009年の競技大会では日本勢が金メダルの過半数を獲得するなど、その奮闘振りがスポーツ界を騒がせたばかり。

さて競技方法だが、試合が始まると、広いフロアで6~12組が一斉に踊り始める。それを見て複数の審査員が採点を行うそうだ。
踊る時間は2分程度。この短い時間でリズム、タイミング、フットワーク、カップルバランスなどのポイントを審査員に見られるわけだ。一秒も気が抜けない。

他の競技との違いは、他ペアと比べられることがある。同時に見られているため、踊りながらも他ペアを意識しなければならないのも特徴だろう。
さらに複数組で踊るため、過度のジャンプやリフトは禁止。あくまでも地に足が付いた踊りで魅せなければならない。

実はこのダンススポーツ、IOCに正式種目としてすでに登録済み。
では次期オリンピックで種目に? と言うのは早計で、採用するかどうかは開催国の采配によるのだとか。

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る 2010年5月30日のコネタ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おもしろの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース