とてつもなくうれしいことがあると、思わず飛び跳ねたり走り出したくなったりしてしまうものだ、と思う。そんな衝動を覚える時は大抵周囲への注意力など働くはずもない状態なので、大人になってもアザが絶えない人生を送る筆者なのだが、ある日うれしいことがあり「ヤッター!」と心で叫んでジャンプしたところ、部屋と部屋の境目の天井が低くなっている部分に、思いっきり強くガツンと頭をぶつけてしまった。

瞬間、目から星が飛び出した感じがして、頭を抱えてしゃがみこみながら思ったのは「本当に漫画みたいに目の前に星が見えるんだ……」ということ。漫画ではよく、ぶつかるシーンに星が描かれている気がする。あれは衝撃をわかりやすく伝えるための演出かと思っていたが、非常にリアリティある表現だったのだと驚いた。

そして周囲にこの☆を見たことがある人が意外に沢山いることにもまた驚いた。とりあえず会った人にアンケートを取ってみたところ、見たことがあると答えた人は10名中7名。見たことがないと答えた3名はいずれも「あまり頭をぶつけたりしないから」という、至極まっとうな理由で見たことがないようだった。

見たことがある7名に詳しく尋ねてみたところ、見えた星の数も色もまちまちだったが、大きく下記の3タイプに分かれた。

(1) 金色、黄色系:2名 (2) 銀色、白色系:3名 (3) 赤+白黒系:2名

タイプ(1)の2名に共通するのは、「星を見たのは人生で1度だけ」「ぶつけた衝撃で気を失った」ところ。気絶するほどとは、相当なぶつかりようだ。「うれしいことがあって狭い場所なのにうっかり走り出したらぶつかって気絶した。小さい星がいっぱいキラキラ回転している感じで、色は黄色よりは金色のような感じだった」らしい。