bit

消しゴムサイズのデジカメに液晶搭載

消しゴムサイズのデジカメに液晶搭載
『液晶ちょビッカム G200』(JTT販売)。価格1万2800円。
「消しゴムサイズのデジカメの使い心地は?」で初めて取り上げた後、「完全防水」機能が追加された『ちょビッカム』。そしてこのほど、なんと「液晶モニター」が搭載されモデルが新たに登場したのだ(デジカメなので驚くことでもないのだが)。

今まで、『ちょビッカム』には液晶モニターがなかったということ。なので、撮影の際に被写体を確認できないうえ、撮影した画像もパソコンにつながないと見られない。デジカメとはとても思えない不自由ぶりだった。それがまた味があるともいえるわけだが、やはり不便である。

そこで今回、そんなユーザーの要望に応えたのかわからないが、1.44インチ液晶が搭載された『液晶ちょビッカム G200』(JTT販売)が誕生。大きさは従来のモデルとほぼ同じ、ただどうしてか、ボディが正方形になった。で、液晶も正方形。液晶が正方形なのって結構珍しいかも。

長方形のボディに比べ正方形って持ちづらいと思ったが、これだけ小さいとあまり関係ないようだ。相変わらず34グラムと軽いので、持ったという感覚はあまりしない。つまんだという感じ。

液晶が付いたことでフレーミングが可能になったわけだが、正方形の液晶なのに実際撮影された画像は横長に写っている。このギャップがちょっとおもしろい。なので、正方形だが、縦長の写真を撮ろうと思ったら、カメラを縦に構えればいいわけだ(正方形ですけどね)。また、8倍デジタルズーム機能もあるので、思いっきりズーミングしてみてください。

フレーミングだけでなく、撮影後の画像の再生もできる。液晶画面の左右をそれぞれ押すと撮影画像が前後に送られる仕組み。さらに、従来モデル同様、動画、ボイスレコーダー、防犯カメラ機能も搭載。小さいわりには機能はもりだくさん。最大容量8GBのmicroSDカードを入れて写真から動画、音声までバシバシ使いたい。

だんだんふつうのデジカメ機能に近づいている『ちょビッカム』。今後さらに、いかなる進化を見せるか。ふつうのデジカメを追い越す日は近い!?
消しゴムサイズだからといって侮るなかれ。
(羽石竜示)

あわせて読みたい

  • 消しゴムサイズのデジカメが完全防水

    消しゴムサイズのデジカメが完全防水

  • 撮影画像が確認できない!? デジカメ

    撮影画像が確認できない!? デジカメ

  • モニターを上下から見て撮影できるミラー

    モニターを上下から見て撮影できるミラー

  • コネタの記事をもっと見る 2010年7月29日のコネタ記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    > 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    おもしろの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース