bit

3Dで沖縄の魚たちが観られる水族館

3Dで沖縄の魚たちが観られる水族館
液晶テレビ「ブラビア」と3Dメガネで沖縄の魚たちが観られるコーナー。
夏真っ盛りとはいえ、暑すぎるのはちょっと……。思わず涼しい場所に逃げ込みたくなる。そんなとき、都会のど真ん中にオアシスを発見。それは、沖縄からやってきたカラフルでダイナミックな魚たちが生で観られる水族館「43rd Sony Aquarium 3D 沖縄美ら海(ちゅらうみ)水族館」(東京・銀座、ソニービル内)だ。今回は、同館の3Dコーナーを紹介する。

ソニービルが主催するこの企画は、沖縄県国頭郡本部町にある世界最大級の水族館「沖縄美ら海水族館」の魚たちを使って毎年行われている。昨年は59万人の来場者を記録。今年は7月19日~8月31日まで開催で、昨年を上回る65万人を見込む。ちなみに、冬場は同所で北海道旭川市の「旭山動物園」の催しが観られる。

1階にはウツボ、チョウチョウウオ、ウミガメなどが入った水槽があり、2階以降は液晶テレビ「ブラビア」による3D映像コーナーとなっている。そして、8階にはコミュニケーションゾーン「OPUS(オーパス)」で200インチスクリーンによる約9分間の3D映像の上映が行われている。

主役は当然沖縄の魚たちなのだが、彼らを水槽の外からだけでなく、3D映像で水の中から観て楽しめるというのが目玉。ダイバーが沖縄美ら海水族館の大水槽「黒潮の海」に潜り、3Dカメラで撮影したのだ。

3Dメガネを掛けると、魚たちがまるで目の前を悠然と泳いでいるように観える。200インチの大スクリーンにジンベイザメの巨漢が現れたとき、思わずのけぞりそうになった。やはり、3Dは大きな画面で観ると一層その迫力が伝わる。

このように、無料で気軽に迫力ある水族館の魚たちが観られるというのはうれしい。実際、海外からの観光客だけでなく、日本のサラリーマンたちが昼休み時間などを利用してしばしば訪れるという。

暑さと仕事に疲れたとき、沖縄の水族館の魚たちを観て元気を取り戻しましょう!
(羽石竜示)

あわせて読みたい

  • 海で生きた魚を拾える日がある?!

    海で生きた魚を拾える日がある?!

  • コネタの記事をもっと見る 2010年7月31日のコネタ記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    > 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    おもしろの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース