8月27日「Kindle」新モデル登場である。
ニュースでは、WiFi専用モデルの「Kindle Wi-Fi」が139ドル(約1.2万円)、3G+WiFi対応版の「Kindle 3G」が189ドル(約1.6万円)で、安くなったぞ!って報道されてるけど、そ、れ、よ、り、も!
そ、れ、よ、り、も!
Support for New CharactersにJapaneseの文字が!
日本語対応ですよ。
こ、これで、ハックしなくても、日本語が簡単に読める。
日本語辞書もひける(はず)!

そう。いままでのKindleは日本語に対応していなかった。
最初は、アンオフィシャルなUnicode Hackで日本語フォントを入れなければ表示できなかった。
バージョンアップで、PDF表示ができるようになった。
だが、それでは、まだ日本語の本が気軽に読めるという感じではなかった。

Kindleのすごさは、単独ですべてができてしまう気軽さだ。
Kindleさえあれば、Amazonから本を、その場で買えて、ものの60秒もあれば読み始めることができる。
本屋に行って買うという手間も、Amazonに紙の本を注文して宅急便で受け取る(で、不在通知が入ってて何度も電話のプッシュボタンを押させられる!)という手間も、ナシ。
デバイスも軽く、Einkで目も疲れない。読むことに特化した真の電子書籍端末だ。
ガジェット好きではなくて、読書好きに向けてつくられたマシンだ。