bit

機内にもシェフ常駐が当たり前の時代に!?

機内にもシェフ常駐が当たり前の時代に!?
トルコ人シェフが機内でおもてなし!
空の旅の楽しみのひとつ、機内食。最近は技術の向上、さらに各航空会社の努力や工夫もあって、地上のレストランの味にどんどん近づきつつある。

もちろん、進化しているのは味だけではない。なんと最近では、機内にシェフが搭乗し、シェフ自ら機内食をサービスするところも増えているのだ。日本路線ではすでにオーストリア航空が展開しているほか、今夏からトルコ航空もサービスを開始。その名も「フライング・シェフ」(Flying Chef)サービス。シェフが常駐しているなんて、まさに“機上のレストラン”と呼べるかも!?

トルコ航空の機内食は、世界三大料理に数えられるトルコ伝統料理をベースにしたもの。メニューを開発しているDO&CO社(ドコ社)のシェフが実際に空の上でサービスにあたる。シェフは機内で料理の盛り付けやサーブをおこなうほか、必要に応じてメニューの説明もしてくれるという。ちなみにDO&CO社は機内食ケータリングだけでなく、レストランやカフェ、ホテルなども展開する企業で、とくにヨーロッパではよく知られている。

トルコ航空では、8月2日より成田―イスタンブール線のファーストおよびビジネスクラスにて同サービスをスタート。日本路線に先駆けて導入されたニューヨーク線ではすでに好評を博しているそうで、成田線はバンコク線、シカゴ線に次ぐ4番目の路線となる。

乗客にとっても嬉しいサービスだが、航空会社にとっても得るところは多いようだ。通常、乗客の反応はアンケートやキャビンアテンダントからの報告で知るが、フライング・シェフなら直接感想を聞き、リアルタイムでレシピ開発に反映できる。また、期間限定サービスではないので、シェフがいるからこそできる盛りつけや調理のバリエーションも今後増えていくだろうとのこと。

サービスの対象がビジネス・ファーストクラスのみというのは、エコノミークラス利用者には残念なところだが、実はトルコ航空はエコノミーの機内食も人気。イギリスのスカイトラックス社による評価で「ベストエコノミークラス機内食サービス」(2010年)も受賞しており、その味はお墨付きだ。

ますます進化する機上のレストラン。機内にシェフがいることが当たり前になる日も、そう遠くないのかもしれません。
(古屋江美子)

あわせて読みたい

  • 箸で混ぜると美味、大韓航空の人気メニュー

    箸で混ぜると美味、大韓航空の人気メニュー

  • 機内食でもヘルシーなベジタリアンメニューを

    機内食でもヘルシーなベジタリアンメニューを

  • いますぐ飛行機に乗りたくなる本って、どんな本?

    いますぐ飛行機に乗りたくなる本って、どんな本?

  • コネタの記事をもっと見る 2010年8月18日のコネタ記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    おもしろの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース