bit

飲めば飲むほど社会貢献できる「Beers for Books」って?

飲めば飲むほど社会貢献できる「Beers for Books」って?
この1杯が途上国の子どもの本になる。
連日の猛暑でビールの売り上げが好調らしい。普段あまりビール派でない私も、この夏は野外で飲みまくっている感あり。飲んでも飲んでも汗になって全く酔わないのだが、アルコールは汗で蒸発してしまったのだろうか……。

そんな疑問はさておき、せっかく飲むならちょっと社会にイイコトしてみませんか? というお話。あなたの喉を潤すその一杯が、大きな意味を持ってくる仕組み「Beers for Books(ビアーズ・フォー・ブックス)」をご紹介しよう。

「Beers for Books」。直訳すると、本のためのビール。ほぼこのままなのだが、これは、“ビール(に限らず飲み物すべて)1杯につき、1冊の本の制作費(100円)が途上国に寄付される”という仕組み。途上国の子どもたちに幅広く教育の機会を提供する活動をしている「Room to Read(ルーム・トゥ・リード)」が、現地語での出版を目指して始めた取り組みだ。2009年2月に東京ではじまり、その後、湘南、大阪、岡山など各地で開催され、さらに世界に広がっていった。今では世界29都市で開催され、これまでに75,980冊もの本を届けることができたという。

参加の仕方は簡単。「Beers for Books」のホームページで開催状況をチェックして、その日にお店に行って飲めばOK。普通にドリンクをオーダーすれば1杯につき1冊が、「Beers for Books」を通して途上国に送られる。値段も通常通りなのでご安心を。お店側がそのコンセプトに賛同して参加しているという仕組みで成り立っている社会貢献のプラットフォームなのだ。

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2010年8月17日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。