bit

しっぽ曲がりの猫を研究する学会

しっぽ曲がりの猫を研究する学会
長崎ねこには“曲がり尻尾”、“短尾”、“お団子尻尾”の3種類がある。これは“曲がり尻尾”。
街を歩いていると、当然猫に出くわすこともあるだろう。しかし、その猫の姿形にまでは、気を留めていない。せいぜい、黒猫を目撃して「不吉なことが起こらないだろうな?」と、ブルーになるくらいの、正直そんな程度。

だが、この団体はがっぷり四つ。聞くところによると、長崎には「長崎ねこ学会」なる研究組織が存在するそうなのだ。

ちなみに、この学会が研究しているのは、しっぽがお団子状になってたり、曲がっていたりする猫。“尾曲がり猫”である。

確かに、そんな猫を見たことはあるかもしれない。イヤ、そんなに頻繁じゃないのだけど。
そこで、2008年に学会を発足させた高島茂夫さんに、どうしてそんな猫を追っかけているのか伺ってみた。
「しっぽが曲がった“尾曲がり猫”は全国にいるんですが、長崎にいる猫のうち8割近くが尾曲がり猫なんです」

これは、きちんとした裏付けのあるデータ。元霊長類研究所所長で、現在は京都大学名誉教授・野澤謙先生の調査によると、長崎に棲息する猫のうち79%が尾曲がり猫。他地域と比べると、文句なくダントツ1位の確率である。

ここからは野澤先生の研究の成果なので、そのつもりで読んでいただきたい。
日本には、かつてはしっぽの長い猫しかいなかったらしい(鳥獣戯画絵巻に描かれている猫のしっぽは、どれもまっすぐ)。しかし、江戸時代後期の浮世絵(喜多川歌麿、安藤広重など)に、唐突に“尾曲がり猫”が出現する。

それは、どうして? これも野澤先生の研究による情報だが、“尾曲がり猫”は、東南アジアのマラッカ海峡周辺に多く棲息しているらしい。

あわせて読みたい

「しっぽ曲がりの猫を研究する学会」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    じゃー茨城の尾曲がり猫は「茨城猫」でおk?

    1
この記事にコメントする

新着トピックス

\ みんなに教えてあげよう! /

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース