review

貧乏、無職は、生産過剰が原因だ!

貧乏、無職は、生産過剰が原因だ!
「atプラス05」特集は「コミュニティへの構想力」「絵本『きみはひとりでどこかにいく』という実践」。太田出版:1300円+税
「ほしいものが、ほしいわ」 糸井重里の作ったコピーだ。
このキャッチコピーを使った西武百貨店広告が登場したのが1988年。
もう、あれから20年以上の時が過ぎた。
世界にはモノがあふれかえっている。
モノを捨てるのに、お金を払う時代だ。

『「創造的福祉社会」の構想 資本主義・社会主義・エコロジーの交差とコミュニティ』と題された広井良典のテキストがある。
掲載誌は「atプラス05」。「コミュニティへの構想力」という特集の原稿だ。

広井は、ローマ・クラブの「雇用のジレンマと労働の未来」という議論を引きながら、こう指摘する。
労働生産性が上昇しモノがあふれるこの世界の行き着く先は<社会的な地獄状態---現金収入ゼロ、100%の慢性的失業率>ではないか。

そして、「ほしいものが、ほしいわ」の世界になったのに、まだ生産を過剰に続行していることが、若者の失業率の原因であり、貧乏である原因なのだ。

<これだけモノがあふれる時代状況の中で、「成長」の時代には自明であった“雇用の総量が増加を続ける”という前提が現在では成り立たなくなっており、雇用に関するある種の「椅子とりゲーム」のような状況>が生じている。
しかも、職についている人間は、失業に対する不安と競争によって、過労となる。過労により、さらなる生産過剰が生じ、失業率が上がる。そのため「過労」と「失業」が並存するへんな状況になっている。

広井良典テキストは、もうひとつの問題を指摘する。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2010年9月3日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。