review

渋沢栄一をドラッカーがベタボメ? 県民性もわかる『歴学 ニッポン株式会社を創った史上最強の男たち』

       
東京都北区の飛鳥山公園の一角に「渋沢史料館」という施設がある。これは、明治から昭和にかけて活躍した大実業家・渋沢栄一の邸宅の跡地に建てられたもので、彼の業績を史料やパネルなどを通して紹介している。

ついでにいえば、この史料館の裏庭は、京浜東北線や宇都宮・高崎線、さらに東北・上越・長野新幹線が間近に見られるという、なかなかのトレインビュー・スポットだったりする。

じつは、このうち京浜東北線と宇都宮線(東北本線の一部)も高崎線も、渋沢がその立ち上げに奔走した「日本鉄道」という会社(現在のJR東日本のルーツ)が建設したものである。自邸の庭から、みずから建設にかかわった路線を列車が走る様子を眺めるというのは、さぞ気持ちのよいものだったのではないだろうか。

さて、この渋沢について、アメリカの経営学者、ピーター・ドラッカーは「経営の『社会的責任』について論じた歴史的人物のなかで、彼の右に出る者を知らない」と評しているという。ドラッカーといえば、日本ではダイヤモンド社から多くの訳書が出ていることで知られる。最近では、「もしドラ」という大ヒットも飛び出した。

渋沢とドラッカーの関係がさりげなく示されるあたり、いかにもダイヤモンド社のムックだなと思わせるのが本書、『歴学 ニッポン株式会社を創った史上最強の男たち』(「週刊ダイヤモンド別冊」10月17日号。くわしい目次はこちら)である。

そのタイトル、また、西郷隆盛や伊藤博文などの肖像がならんだ表紙を見ると、“歴史のリーダーたちから経営術を学ぶ!”的なものかと一瞬思ってしまうのだが、中を開けば、本文がなぜか「です・ます調」だったりと、意外やソフトな感じ。何よりユニークなのは、都道府県別に郷土ゆかりの偉人が紹介されていることだ。そのセレクトも、幕末から昭和にかけて活躍した人物を中心に、政治家や経営者、文化人(なぜか文学者は少ないけど)とバラエティに富んでいる。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2010年10月27日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。