review

クマ「ワシら別にかわいそうじゃないんじゃ。勝手に同情せんでくれ」

クマ「ワシら別にかわいそうじゃないんじゃ。勝手に同情せんでくれ」
宮崎学『となりのツキノワグマ』(新樹社)。表紙カバーの写真は昨年、中央アルプスのふもとの川べりで撮影された親子のクマ。親グマの耳の赤と黄色のタグは、以前、里で人間に捕まり、「学習放獣」の名のもとに“お仕置き”して放されたさいにつけられたもの。この写真は、かつて人にお仕置きされたにもかかわらず、いまだに人里近くに住み、子供を生んで育てているという事実を物語っている。
にんげんのみなさんへ

ワシは、長野県の中央アルプスの山中に棲むツキノワグマじゃ。もうかれこれ30年近く生きておるから、かなりの老いぼれである。

今年の秋は例年以上に、日本のあちこちでワシの仲間たちが山から下りてきて、人間のみなさんにはえらい迷惑をかけたらしいのお。この場を借りて、けがを負った方、商売などに損害を受けた方たちに、お詫びとお見舞いを申し上げるしだいじゃ。どうも、申し訳ない。

しかし、あんたら人間のあいだでは、ワシらツキノワグマについて議論が起きとるみたいじゃな。なかには、山のドングリが減っとるから、クマたちは餌を求めて人里まで下りてくるのだと言う人たちもおるようじゃの。そういう人たちは、ワシらが絶滅の危機に瀕していると心配しとるようじゃが……。

ただ、ひとつだけあんたらの勘違いを指摘させてもらうと、ワシらが食べるのはドングリばかりではない。ツキノワグマは、人間が思っとる以上にグルメなのじゃよ。

宮崎学という動物写真家がこの夏刊行した『となりのツキノワグマ』という写真集には、ワシらの食べ物として、ドングリのほかタケノコ、クリ、ヤマブドウ、ノイチゴなど、四季折々の山の実りの写真がずらりと並べてあって、思わずよだれが出るわい。

この宮崎、ワシらの食生活をさらに深く知ろうと、糞にまでレンズを向けている。それによれば、初夏は山菜、夏はヤマザクラ、秋にはクルミと、糞にも四季ごとに異なる植物が混じっていたそうじゃ。さすがにここまでやられてはかなわんのお。...続きを読む

あわせて読みたい

気になるキーワード

レビューの記事をもっと見る 2010年11月16日のレビュー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース