bit

新年、ポケットに凧を入れて持ち歩こう!

新年、ポケットに凧を入れて持ち歩こう!
ポケットに入るお手軽な凧『アースカイト』(プリヴェAG販売)。実勢価格500円前後。
風が冷たいので猫のようにコタツで丸くなってばかりいると、体重が増えそう。そこで、寒い外で楽しく体を動かすため、子供のころを思い出し、凧揚げをしようと決意。さて、どんな凧にしようか。

凧といえば昔、『ゲイラカイト』をよく使ったものだ。飛行機のような形と大きな両目が特徴的で、和凧のように尻尾がないにもかからず、安定して高く上がる。調べると、今も販売されていた。これの特徴で印象的なのは、折りたたみができること。骨を外すと、長細い状態に丸められるので、自転車にくくり付けて、広場まで容易に運んでいけた。

で、今回使用するのはそれではなく、もっと簡単に持ち運び可能な凧、『アースカイト』(プリヴェAG販売)だ。折りたたむと、何と手のひらサイズ、専用の丸いケースでポケットに入れて持ち運びできる。しかも、驚くことに骨がまったくないのだ! だから、ポケットに入ってしまうわけ。

凧は凧でも骨がないなら、海に住む「蛸(たこ)」ではないか!?
説明によると、縦方向に空気が通る穴が2本あいており、それらに風が入ることで骨の役割をするという。なるほど、それならクチャクチャにならずに飛びそうだ。

では、実際に飛ばしてみよう。ケースを開けると、小さく折りたたんだ凧と一緒に糸巻きも入っていた。糸の先を凧に付けて、広場で勢いよくダッシュして凧を風に乗せる。すると、最初のうちはクルクル旋廻していたが、だんだん風が強くなり、うまい具合にあがりだした。

尻尾をヒラヒラとなびかせながら、そよそよ風に吹かれて可愛らしく飛んでいた(さすがにゲイラカイトのようにグングンと力強くあがるとまではいかなかった)。まぁ、こういうナヨナヨした凧もどことなく「もののあはれ」があっていいのではないか。

遊んだあとは、折りたたんでケースに収納、ポケットに入れて持ち帰った。手軽と言えば、これほど手軽な凧はないだろう。

北風に負けず、童心に返って、凧揚げしませんか。気持ち良いですよ!
(羽石竜示)

あわせて読みたい

  • 超進化系!? のホットおせち

    超進化系!? のホットおせち

  • 初詣の「人出」の数、少し妙なことになってます

    初詣の「人出」の数、少し妙なことになってます

  • コネタの記事をもっと見る 2010年12月29日のコネタ記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース