bit

東京から京都まで全500km超! 東海道をつなぐゴミ拾い駅伝とは?

       
早稲田大学の18年ぶり総合優勝に涌いた今年の箱根駅伝。言わずと知れた大学生の駅伝大会は、今やお正月の風物詩。今年で87回目を数える伝統的大会だ。その箱根駅伝に、2006年より“もう一つ”の大会が始まった。その名も「もう一つの箱根駅伝」。箱根駅伝の翌週、ゴミ拾いしながら同じコースを走る有志の大学生たちの姿は、“ゴミ拾い駅伝”として、これまでもマスコミで広く取り上げられてきた。

しかし今年1月、そのコースに彼らの姿は見られなかった。昨年まで5回を重ねた大会は終わってしまったのだろうか? 気になってホームページを見てみると、今年はさらに進化した形でスタートを切ることがわかった。名前を「もう一つの東海道駅伝」と改め、なんと500km以上の長距離(箱根駅伝は約218km)を一年間かけてゴールを目指すという。すでに20チームがエントリー(1月12日現在)しており、2月12日(土)にまず、「日本橋箱根間大会」が“出掃”となる予定だ。では、本家「箱根駅伝」と本大会を比較して見てみよう。(H:第87回箱根駅伝、T:第1回もう一つの東海道駅伝)

■競技方法・勝敗基準
H:走ってゴールを目指し、タイムで競う。
T:ゴミを拾いながらゴールを目指し、タイムとゴミの量による総合ポイント制で競う。

■日程
H:1月2日(日)~3日(月)
T:2月12日(土)~13日(日)の「日本橋箱根間大会」他、全5コースに分けて2月、4月、7月、10月、12月月に開催。

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

おもしろニュース

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2011年1月17日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。