bit

中華街をイメージ! 「会議※ぱん 横浜ぱん弁当」登場

中華街をイメージ! 「会議※ぱん 横浜ぱん弁当」登場
会議※ぱん 横浜ぱん弁当。会議だけじゃなく、レジャーのお供にも良さそう。
物事を決めるのに欠かせない会議も、ともすれば退屈なムードや殺伐とした空気が流れることもある。でも、もしそこに美味しいパンがあれば、楽しく議論が進むかも?

“会議で喜ばれる、会議を活性化させるパン”をコンセプトにしたパン6種をお弁当風に詰め合わせた「会議※ぱん 横浜ぱん弁当」(※読み方は、かいぎ“こめ”ぱん)が1月23日から発売された。

実はこれ、BSフジの番組『小山薫堂 東京会議』ドンクの共同企画商品。会議にぴったりのパンを米粉を使って作る、という番組のコンセプトに沿って、ドンクそごう横浜店が開発を担当。ドンクの担当者いわく、横浜=中華街のイメージに絞るまでには、さまざまな試行錯誤があったそうで、
「海をイメージしてみたり、地場産の素材を探してみたりといろいろ試した結果、今の形になりました」
パンの生地には、“会議※ぱん”の由来にもなった米粉を約60%使ってあるという。

23日の正式販売に先立ち、15日に100セット限定で先行販売を実施。私も買って食べてみたのだが、それぞれに味わいが違うので飽きがこず、小ぶりなサイズということもあって、一人でペロリと平らげてしまった。

中華弁当風のボックスの中には、横浜らしく中華街をイメージしたパンが6種入っている。まず目を引く「パンダパン」はパンダの形をしたクリームパンで、子どもにも喜ばれそうだ。「豚まんパン」や「ゴマ団子」は見た目も味もかなり本物に近く、シュウマイをまるごとパンで包んだ「シュウマイパン」はパンとシュウマイの相性の良さに驚かされた。ほかにも、えびチリを包んで焼いた「えびチリ」はピリリとした刺激がほどよく、カニ風味団子を包んだ揚げパン「かに風味フライ」は香ばしい味わいが後を引く。

商品はそごう横浜店のみでの販売。1月23日から定番商品として店頭に並んでいるが、3日前までなら予約もできるそう。会議で食べれば斬新なアイディアのひとつも湧きそうな気がするし、横浜レジャーのお供にも良さそう。横浜の新ご当地パンとしても、注目です。
(古屋江美子)

あわせて読みたい

  • 衝撃的! 崎陽軒ウエディングのジャンボシウマイ

    衝撃的! 崎陽軒ウエディングのジャンボシウマイ

  • 写真をプリントした人気チョコが今年も登場!

    写真をプリントした人気チョコが今年も登場!

  • “パンダ顔”に変身させるサイト

    “パンダ顔”に変身させるサイト

  • コネタの記事をもっと見る 2011年1月25日のコネタ記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース