review

話題沸騰のアニメ「放浪息子」を観た、死ぬかと思った


自分はマコちゃんの視線を通じてこの作品を見て、気がついたら興奮しながらこの文章を書いておりました。そして、憧れのまなざしで「二鳥くんはかわいいんだ」と再確認し、憧れ、嫉妬し、好きになりました。
自分は年齢的にいいおっさんですが、「少女みたいになりたい」という思いはどこかにあります。人によっては大人になってから気づく場合もあるでしょう、ああ「女の子」という「なにか」になりたかったなと。女性もまた同じでしょう。「男の子」という「なにか」になりたかったなと。そんな答えのない願望に対して、この作品は鋭く杭を打ってきます。ねえ、キャラクター達をどこに向かわせようとしているの? ぼくらをどこに放浪させるの。
原作を読んでからアニメを見る方が当然分かりやすいですし、断片的な情報も「あれのことか!」と楽しめるでしょう。しかし読んでなくてもいい、最初は何が起きているか分からなくてもいいです。このアニメを通じて二鳥くんや高槻さんと視線があうだけで、たくさん伝わるもの、ありますから。
現在は一話は無料配信中です。
 
ああ、どうしてぼくは女の子になれないんだろう。
女の子ってなんだろう。(たまごまご)
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る
お買いものリンク