bit

テレビ特需で外付けHDDが売れているワケ

今年7月24日でアナログ放送がとうとう終了、それに備えてデジタルテレビへの買い替えや地デジ・衛星放送チューナーを購入した人は多いだろう。だが、もうひとつ、最近テレビやチューナー以外で売れているものがある。それはパソコン周辺機器でお馴染みの外付けHDDだ。

「最近、外付けHDDが良く売れています!」というのはPC周辺機器メーカーのバッファローさん。PCショップに行けば必ずといっていいほど同社製の外付けHDDが置いてある。それが今はPC売り場だけではなく、テレビ売り場でも見かけるようになった。その背景には、何があるのか。

・店頭でテレビ購入時に外付けHDDとのセット販売を勧めている(販売店からすると、テレビの価格下落を周辺機器で補うという側面もあり、セット販売が常態化している)
・外付けHDD録画対応テレビの増加(当初の東芝製に加え、国内主要メーカーがどんどん参入している)
・外付けHDD容量単価の下落によるお買い得感が増したこと(家電店のチラシによく掲載されている)

というワケ。それまでのBlu-ray/HDDレコーダーではなく、外付けHDDと直接つなぐことで録画可能になっているテレビが普及し始めたのだ。だが、なぜ従来のレコーダーではなく、外付けHDDなのか。確かに価格の安さは大きい。単純にHDD録画容量重視でいくと、外付けHDDのほうが断然安い。たとえば1TB(1000GB)容量モデルが1万円を切る値段、倍の2TBでも1万円台前半で売られている。

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

おもしろニュースランキング

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2011年3月1日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。