bit

新幹線運転士は『電車でGO!』も上手いの?

今月5日の東北新幹線「はやぶさ」スタート時に「撮り鉄」の男性が勢いあまってホームから転落……というアクシデントがあった。ある世代以上の人にとってそれほど新幹線というのはテンションが上がる乗り物なのだろう。

しかし、いかに新幹線好きであろうとも、運転士の存在を意識することはふだんあまりないのでは? メディアファクトリー新書の新刊『新幹線を運転する』はなんと、東海道新幹線の現役運転士が、新幹線の運転について初めて語りおろした衝撃の一冊。新幹線開業と同じ1964年生まれという木内辰也運転士は、O系から最新型のN700系まですべての東海道新幹線を運転してきたというプロ中のプロ。

中でも印象的だったのは、「風景は景色ではなく、知識である」なる名言。新幹線運転士はフロントガラスごしに絶景を見ても、通過地点のめやすとして捉えるだけで、「きれいだ」「とか「すごい」とかまったく思わないらしい。うーん、これも一種の職業病? このほかにも、「お客様の乗り心地のために、なるべくブレーキを使わない運転を心掛けています」などのトークもあってビックリ。乗客のために、そこまで考えて運転してくれていたとは……おかげで我々は車内で安心して爆睡したり、お弁当を食べたり、週刊誌を読みふけったりできるのですね~。

ちなみに、タイトルにした『電車でGO!』の件は、宴会の罰ゲームか何かで2度ほどプレイしたところ、まったくうまくできなかったそうだ。「実際の運転とは全然違います。やはり、ゲームの得意な人が上手にできるのではないでしょうか」とのことだった。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

コネタニュースランキング

コネタランキングをもっと見る
お買いものリンク