review

「パックマン」「ゼビウス」「ドルアーガ」……100円玉を握り締めた80年代を思い出せ!

「パックマン」「ゼビウス」「ドルアーガ」……100円玉を握り締めた80年代を思い出せ!
薄暗いゲーセン、延々と遊んだファミコン、ビンのチェリオ。80年代の世界が蘇る「僕らのナムコ80‘sトリビュートコミック」で、ノスタルジックが止まらない!
幼い少年だったぼくは、100円玉を汗で濡れるほど握りしめていたね。
わかりますか、子どもの100円の価値が。下手したら一週間のお小遣いとかですよ。お菓子買って食べる、コレクションに費やす、貯金する……色々できる貴重すぎる100円玉です。
その100円玉をですね、「ドルアーガの塔」の筐体に入れる瞬間の興奮。

未来を感じさせる機械音、心踊るカラーの画面、自分の思ったように操作が出来るという快感。
興奮しすぎて操作間違えてすぐ死ぬし、さっぱり攻略方法もわからないんだ。けれど、あえて100円玉の使い道として「ドルアーガの塔」を選択した自分は、間違ってなかったと思う。
縦型の筐体で、子供用にビールケースひっくり返したのがあって、そこに登って遊んだんだよ、背が小さいから。テーブル型のはなんかおっかないお兄さん(今思うとあれはハイスコア狙いで必死だったんだよ。「ギャラガ」とか「マッピー」とか)がいたので近寄れませんでしたが、それもいい思い出。そもそもゲーセンが特別に入りづらい空間で、筐体は触れるのが怖いくらい特別な存在だった。
今ならがんばって稼げばゲーセンで遊ぶなんて簡単なわけですが、違うよ重みが。
こういう経験をしている人ってだいたい今三十路から四十路だと思うんだ。

そんな、大人になったゲーム少年・少女におすすめしたいのが「僕らのナムコ80‘sトリビュートコミック」です。題名だけでワクワクするでしょう!?
えっ、ナムコだけ?アイレムは?タイトーは? はい、ナムコだけです。しかも鉄拳とかテイルズとかアイマスの今のナムコじゃなく、80年代から90年初頭のナムコ。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る 2011年3月11日のレビュー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース