bit

節電のため、ガスで炊飯を

節電のため、ガスで炊飯を
ガスコンロでご飯を炊く。
17日夕方、関東地方で大規模停電の危険が伝えられた。寒い日の夕方は特に節電が重要になりそうだが、この時間、家庭では夕食を準備する時間でもある。

キッチンにある電子レンジや電気炊飯器は、電力消費量がとても大きい。できるだけ使用を控えたい。このため筆者宅では17日夕方、ガスを使ってごはんを炊いた。その方法を紹介したい。

1. まず、鍋を用意する。何でもいいが、お米は炊くと倍ぐらいに膨れるので、小さすぎてはいけない。逆に、大鍋にちょっとのお米でもうまく炊けない。お米の量に合わせて選ぼう。

2. 鍋にお米を入れてとぐ。水を切ったあとに、お米と同じ量の水を入れる。お米が1合(180cc)なら水も1合(180cc)、お米が5合(900cc)なら水も5合(900cc)という具合。正確でなくても大丈夫だが、少し多めにした方が失敗しない。

3. できればすぐには炊かず、20~30分待つ。その後、フタをしてガスコンロにかける。ピッタリのふたがなければ、大きめのフタでもいい。それもなければアルミホイルでもいい。沸騰するまでは強火で。

4. 沸騰したらすぐに弱火にする。強火のままでは失敗するので、必ず弱火にすること。蒸気がシュッ、シュッと出るくらいの感じがいい。吹きこぼれるようならフタを少しずらす。そのまま10~20分。

5. 蒸気が少なくなってプチプチ音がしはじめたら、そろそろだ。蒸気のにおいを時々かいで、少し焦げ臭くなったら火を止めよう。フタを開け、上の方のお米を食べてみる。芯がなければOKだ。

6. できればもう一度フタをして10分ほど蒸らす。最後にしゃもじでかき混ぜて完成。

筆者は横で炒め物を作っていたため、お米が焦げるにおいに気づかず、たくさんのオコゲを作ってしまった。でも、知っている方も多いだろうが、実はオコゲもおいしい。電気炊飯器の電力消費量は1000Wを超えるものもあって、ドライヤー並みに電気を使う。今後も寒い日がありそう。節電のためガスの利用を促したい。カセットコンロでも大丈夫だ。
(R&S)

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る 2011年3月18日のコネタ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おもしろの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース