review

カニが威張っているからカーニバル!? 大阪・岡本太郎の爆発フルコース

今年2月26日に生誕100年を迎えた画家の岡本太郎。同日には松尾スズキ主演のNHKドラマ『TAROの塔』の第1回が放映された(このドラマは明日、4月2日の放送が最終回。DVD化も決まっている)。ほかにも豪華画集を含む関連書籍の刊行やら舞台化も予定されている。もちろん、展覧会も目白押しで、東京国立近代美術館での大回顧展(5月8日まで)をはじめ、東京・青山の太郎の旧アトリエである岡本太郎記念館や、出身地である神奈川県川崎市の川崎市岡本太郎美術館でもそれぞれ記念の展覧会が開催中である。

いや、関東ばかりでなく、関西でも太郎が熱い。1970年の大阪万博のために建てられた「太陽の塔」はいまや大阪のシンボルとなっているが(その証拠に、この10年ばかりのあいだにNHK大阪制作の連続テレビ小説のオープニングには何度「太陽の塔」が登場したことだろう)、それだけに彼の地と太郎のゆかりは深いようだ。実際に大阪の街に来てみれば、「太陽の塔」以外にも、結構あちこちに太郎の作品が存在する。今回の記事では、それら大阪府内で見られる太郎作品やゆかりの地をいくつか紹介してみたい。中には、いましか見られないものもあるので、要チェックですぞ!

●高島屋大阪店(※)に復活! タイル壁画「ダンス」
(※高島屋の高の字は正しくは“はしごだか”)
名古屋から近鉄特急で大阪難波に降り立つと、さっそく先月3日にリニューアル工事を終えてグランドオープンしたばかりの

この記事の画像

「カニが威張っているからカーニバル!? 大阪・岡本太郎の爆発フルコース」の画像1 「カニが威張っているからカーニバル!? 大阪・岡本太郎の爆発フルコース」の画像2 「カニが威張っているからカーニバル!? 大阪・岡本太郎の爆発フルコース」の画像3
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る
お買いものリンク