bit

育児が楽になる!? ママたちに人気の「ベビーサイン」とは

       
「いったい何がしたいの?」「どうしてぐずっているの?」。赤ちゃんの気持ちがもっとわかればいいのに……。そんなふうに思うことのあるママも多いのでは?

そんなママたちの育児をすこし楽にしてくれる「ベビーサイン」が日本でも広く普及してきた。ベビーサインとは、90年代にアメリカで生まれた育児法で、まだ言葉を上手に話せない赤ちゃんと簡単な手話やジェスチャーを使ってコミュニケーションを図ろうというもの。「おっぱい」「ボール」「おいしい」など、身の回りにあるものや気持ちを、手を使って表現するのだ。たとえば、「おいしい」なら片手で頬を2、3回叩き、「おっぱい」なら牛の乳を搾るようなジェスチャーをする。

日本ベビーサイン協会理事長の吉中みちるさんに話を聞くと、
「アメリカではおよそ10人に1人の赤ちゃんがベビーサインベビーだといわれています。今では世界各国に広がり、日本では体験会や教室などに参加する親子が年間およそ4万人います」
その認知度と人気はじわじわと高まっている様子だ。

実は私自身も最近まで娘と一緒に教室に通っていたのだが、それほど熱心に教え込んだわけでもないのに、いつのまにかサインをするようになってビックリ。特に、いち早くマスターした「おっぱい」のサインはかなり便利で娘も頻発。わが家で使っているサインはそれほど多くないが、ちゃんと教えれば1歳半ごろには50~60ものサインを使いこなせるようになるそう。

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

おもしろニュース

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2011年5月9日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。