bit

地味そうでクセになるアイツ「えのきせんべい」

地味そうでクセになるアイツ「えのきせんべい」
バリッとした歯ごたえと、うまみがクセになります。
地味な存在ながら、主張はけっこう強いエノキ。
用途は、鍋や味噌汁、なめたけ、天ぷら、和え物などいろいろあるけど、それらと一線を画する異色の食品を見つけた。

長野県中野市の「かわら家」が製造している揚げ菓子「えのきせんべい」。
えのきの姿は全く見えず、ガリッとしっかりした歯ごたえと塩気が心地良く、後からうま味とあま味がじわっと主張してくる。

独特の食感とうま味がクセになり、止まらなくなるけど、そもそもなぜエノキでせんべいを? かわら家に聞いた。
「『えのきせんべい』を作ったのは、3年前。かわら家はもともと長野県中野市にあるラーメン屋で、せんべいより前に、地元のものを使ってラーメンを作ったのが最初だったんですよ」

中野市はエノキ生産量が日本一であることから、エノキを練り込んだ自家製麺を作ったのは、平成17~18年。その応用として、同じ粉モノとして「お菓子もいけるんじゃないか」と思い、せんべいを作ったところ、これが好評だったという。
「最初は小さい子が来たときや遠方からのお客さんにサービスであげていたんですが、『売って欲しい』という声があったんです」
販売するためには、ラーメン店の営業と別の許可証が必要となるため、平成20年に許可証をとり、小さな工場を作って、5月から販売開始した。

えのきせんべいは、新鮮なエノキを丸ごと使用しているそうだが、粉末でもエキスでもなく、水分も利用した「えのき氷」を利用して作っているらしい。

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る 2011年5月27日のコネタ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース