bit

アルコールが入ってない焼酎『小鶴ゼロ』

通常の芋焼酎と違うのは、発酵を行わないこと。一次仕込みの後すぐに二次仕込みをし、その後すぐに蒸留する。製造工程で酵母菌を使わないため、発酵は全くしない。

「ただ、使っている材料は一緒なので、通常の芋焼酎と味も同じです。異なるのは、飲んだ後のアルコール感が無いことです」(担当者)
まさにこれが、本物の焼酎好きには物足りない点だろう。そこは甘味料等で補うなど同社も工夫しているが、今後の『小鶴ゼロ』の課題として残っている。

まぁ良い点も悪い点も、結局は飲んでみないとわからない。というわけで、取り寄せて『小鶴ゼロ』を満喫させていただきました!
まず、瓶の蓋を開けてみた。う~ん、深みのある芋の匂い! そして、コップにトクトクと注いでいく。色はもちろん、透明色。これをそのまま頂いてみると……。おぉ、確かに芋焼酎。ただ、芋のフルーティな味わいがストレートでこちらに飛び込んでくるのは、アルコールがないからだろうか?
また、アルコールがないからこそハイスピードでグイグイ行けてしまうのは、魅力か、それとも欠点か? ここも、人によっては「物足りない」と感じてしまう要因に違いない。逆に言えば、焼酎を飲まない人でも気軽に楽しめる飲み物だと思います。

そんな『小鶴ゼロ』の、美味しい飲み方についても伺ってみた。
「本物の焼酎と同じですよね。お湯で温めて熱燗にすると、芋焼酎の雰囲気で味わえます。または冷やしてロックにすれば、芋のスッキリした香り・味わいを楽しむことができます」(担当者)

そんな、業界初の“ノンアルコール焼酎”『小鶴ゼロ』は、同社のホームページもしくは酒店で購入することができる。価格は1本230円(税込み)。

ちなみに、主にどういった方が購入しているのだろうか?
「女性、特に主婦の方からのお問い合わせが異常に多いのにはビックリしました。中には妊婦さんからの反響もあり、『面白い商品だね』というお声をいただいております」(担当者)

焼酎人口を増やす新たな扉としての役割も、この“ノンアルコール焼酎”は果たしているのかもしれない。
(寺西ジャジューカ)

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2011年5月29日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。