「9ボルト電池をなめてみよう」「やりを投げよう」「ポリ袋爆弾を作ろう」「高いところから落ちてみよう」「友だちに毒を食べさせよう」「指を瞬間接着剤でくっつけよう」「冷凍庫でビンを破裂させよう」……
あぶないあぶなーい!
子供がそんなことしちゃ危ないよ!
『子どもが体験するべき50の危険なこと』は、タイトルどおり、わざわざ子供に危険なことを体験させるためのガイドブックだ。

1つめから「9ボルト電池をなめてみよう」だからね。
見出しのページには、イラスト。
電子レンジに変なものを入れたり、小川をせきとめたり、火遊びをしたり、そんなことをやっている様子が、電気製品マニュアルのような冷静なイラストで描かれる。
その下には、属性がアイコンと図で示される。
4つのカテゴリー:挑戦・経験・技術・工作
タイムバー:時間の目安
難易度バー:どれだけ難しいかの目安
危険の種類を示すマーク

次のページには「必要なもの」「警告」「やってみよう」「もっとくわしく」という項目が立てられ、実際にやるときの注意や、やってみる方法が書いてある。
たとえば、「9ボルト電池をなめてみよう」の項だと
必要なもの:9ボルト乾電池
警告:電池に舌を当てる時間は、1回につき2秒以内にしてください。
そして「やってみよう」に詳しいやり方が書いてある。
で、やったあとに、“これをやったことのない人に、どうだったかを言葉で説明してみましょう。どんな味なのか、またはどんな感じがするのかなどです。”とくるのがイイな。