bit

あなたは「働いたら負け」になってない?

あなたは「働いたら負け」になってない?
『「働いたら負け」にならないメイド喫茶でわかる労働基準法』(藤田遼 著/PHP研究所)
満員電車の中で、スマートフォンを握り締め、不安な表情で一点を見つめる就職活動中の女子学生をたまに見かける。

超氷河期と言われる昨今、学生達の就職に対する思いはいかがなものか。
私も学生時代の後半は、いわゆる“シューカツ”に励んだ。今ほど厳しい環境ではなかったが、一社の内定をもらうために大量のエントリーシートを書き、自分をよく見せようと必死だった。

新入社員が “シューカツ”中はそれほど気にしてなかった自分の労働環境の良し悪しが見えてくる頃合に出版された『「働いたら負け」にならないメイド喫茶でわかる労働基準法』
この本はメイド喫茶を舞台にメイドの緋沙(ひさ)が、法律の神と名乗る宮野さんという猫から労働基準法を学んでいくという内容だ。アキバ系コネタ(個人的には“美少女陰陽メイド”が気に入ってる)でにやりと笑えるのも、メイド+ラノベならでは。

担当編集者に話を聞いてみた。
「労働基準法の書籍が結構売れている背景もあり発刊に向けてスタートしました」
なるほど、今は誰でも労働基準法について関心があり、会社に任せるのではなく、個人が勉強するという流れになっているようだ。

「従来の労働法解説本は“労務管理する側”から書かれているものがほとんどですが、 本書は徹頭徹尾“雇われる側”の立場から書きました。 雇われて働く上で必要不可欠な知識を法律テクニックなども交えてわかりやすく書けば、たくさんの人の役に立つ本ができると考えたからです」と社会保険労務士である著者の藤田遼先生はこの本を書いたきっかけを教えてくれた。

あわせて読みたい

この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース