bit

コレステロール値、結局下げなくて良いの?

コレステロール値、結局下げなくて良いの?
「高コレステロールの人は卵を食べないほうがいい」という説も、近年変わってきました。
健康診断でコレステロール値が高いと注意を受けることなどから、かつては「高いと危険」として、下げる必要性ばかりが強調されてきた「コレステロール」。

それが近年は、「低すぎても良くない」とか「ちょっと高めが良い」などと報道されるようになった。「ちょっと高めで良いのか!」と安心した人も多いだろう。
でも、気になるのは、なぜ近年になって、説が変わったのかということだ。

また、「説がちょこちょこ変わると、結局、どっちなのかわからない」という人もいるだろう。この疑問について、糖尿病研究を長年行ってきたある医師は言う。
「『コレステロール=悪者』と思う人が多いですが、コレステロールは基本的な脂質の一種で、細胞膜や男性ホルモン・女性ホルモンなどの材料になる大切なもの。昔から、コレステロールは『栄養状態の指標』であり、コレステロールが高い人は栄養状態が良い証とされてきました。また、本来は体が弱ってくると、コレステロールも下がってくるんですよ」

日本人はもともと欧米人に比べて、コレステロール値が低く、動脈硬化が少ないことなどから、30~40年前に「日本食は理想的」とされていた。でも、コレステロール値の低い頃の日本人が長生きだったかというと、そうでもないのだという。
「栄養状態の悪さから、感染症などにかかりやすくなり、短命だった人もたくさんいます。そのため、20~30年前から『コレステロール値が低い人は長生きできない』とも言われるようになりましたが、いつの間にかこれは忘れられてしまったんですよ」...続きを読む

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る 2011年6月14日のコネタ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おもしろの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース