街中でよく見かける歯医者さんだが、実際、大阪ではすでにコンビニより多いのだとか。しかも年々右肩上がりで増加中……。
そうなると、さすがに経営も大変。「歯医者さん=お金持ち」という図式を一つの常識として信じてきたが、どうやらそれも怪しいらしい。経済誌の特集では、「歯医者さんの5人に1人が年収300万円未満」というショッキングな記事まで掲載されていたという。
もしかして歯医者さんは儲からない? いや、儲けようと思ったら、治療だけでなく経営も頑張らなきゃいけないの?

答えはどうやらイエスらしい。
そう教えてくれたのは、『あなたの歯科医院を90日で成功させる』という本を共著で書いた税理士の山下さんと歯科医師の坂井ドクターだ。一昔前は、大学の歯学部を卒業して医院を開けば自動的に一定以上は稼げたのに、今はとてもそうはいかないのだとか。廃業してしまう歯科医院も少なくないらしい。歯医者さんは、治療の勉強はしても、経営を学んだことはないからだ。
今まで手薄だった経営を頑張って、なんとか医院を立て直して欲しい。そんな思いから出版されたのがこの本だ。人気のビジネス本が「もしドラに」なら、「しかきゅー」と呼ぶべきか。

けっこう面白いのだ、この「しかきゅー」。小説形式になっていて、経営面で成功している先輩ドクターが後輩歯科医師にさまざまな事柄を教えていく、という物語になっている。
先輩ドクターのキャラクターがいい。器械オタクの変人で、かなり意地悪。シャイな性格ゆえ「親切な人」と見られるのが耐え難く、子どものような意地悪をするのだ。そんなキャラが織りなすコミカルな物語を読んでいくと、自然に歯科医院の経営法が身に付く、という仕組み。