bit

太陽電池式! ゴミをコンパクトにしてくれるエコなゴミ箱

太陽電池式! ゴミをコンパクトにしてくれるエコなゴミ箱
名前は「ビッグベリー bigbelly」(大きいお腹:太鼓腹)。
節電や再生、エコロジー。日本ばかりではなく、世界中でも関心度が高くなっている昨今。
ここシカゴでもこの春から、お目見えした新しい「ゴミ」入れ。ソーラーパネル・トラッシュ・コンパクターの「ビッグベリー」(大きいお腹:太鼓腹)。
トラッシュコンパクターという名のまま、ゴミをコンパクトにしてくれる。というエコなゴミ箱。

今までの鉄製のバスケット型やドラム缶のゴミ入れに比べ、5倍ものゴミを収容できる。
個々のゴミ箱にはSIMカードが内蔵されていて、ゴミの溜まり具合を太陽電池式のセンサーが感知し、ワイヤレスで市の衛生局に通達するようなシステムになっている。
「ここ一杯ですよ~」「ここはまだ大丈夫ですよ~」という連絡かどうかは不明だが、これによって、回収スケジュールを組んだり、ゴミ箱追跡などもスムーズにいくように整っているという。

太陽電池式なので外部電源は不要。ゴミ回収車の出番が減り人手コスト、ガソリン使用も減り排気ガスも減る。
環境的にも経済的にも利益をもたらし、省エネに繋がるというプランらしい。

すべてのゴミが小さくなるということはなく、ビッグベリーの隣には普通にペットボトルや缶や瓶を入れるリサイクル専用のゴミ入れが備え付けてあるので、それらはそちらに入れることになる。日本だとゴミの区別や持ち帰りなど一般的に知られていることでも、お国が違えばゴミ区別も異なる。シカゴは瓶も缶もペットボトルも一緒な場合が多い。それどころか、このビッグベリーなるゴミ箱が出始めるまでは、何でもかんでも一つのゴミ箱行きだったのだ。

あわせて読みたい

  • ゴミ箱と一体になったティッシュケース

    ゴミ箱と一体になったティッシュケース

  • どこへ行くのか、粗大ゴミ

    どこへ行くのか、粗大ゴミ

  • ごみが増えると成長するクマ

    ごみが増えると成長するクマ

  • 容器包装プラスチックの汚れはどの程度まで落として出せばいい?

    容器包装プラスチックの汚れはどの程度まで落として出せばいい?

  • コネタの記事をもっと見る 2011年7月29日のコネタ記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース