bit

現地発! トルコで新たなワインの味に出合った

       
米国、オーストラリア、チリに代表される新世界ワイン。じつはトルコもその例にもれずワイン生産が盛ん。まだ日本ではあまり知られていないトルコワインの秘密を現地からお伝えします。

大枠をつかむために、まず訪ねたのがイスタンブールの旅行会社「オーバーシーズ・トラベル・エージェンシー」。そこでトルコワインの概要をうかがった。
「主な生産地はトルコ南西部に多く、イズミル、シリンジ、デニズリ、カッパドキアなど。ケバブに代表される肉料理が中心のため、どちらかと言えば赤が多く飲まれます。古くからの銘柄だと、アンカラ産のカヴァクリデレ(赤)。一方で沿岸部は魚料理も豊富で、白も有名。シャルドネ種から造られたイズミル産のサラフィン(白:1999年)は2001年のフランス『国際ワインチャレンジ(Challenge International du Vin)』で銀賞を獲得しました」

そもそも、首都アンカラのあるトルコ中部アナトリア地方は、古くからワイン醸造がおこなわれていた地域。紀元前2000年頃のヒッタイト帝国時代には、すでにワインが飲まれていたという。また土産物として有名なものに、かつてヒッタイト軍が本拠地を置いたカッパドキアのワインがある。イスタンブールからバスで約12時間。現地のワイン専門店に足を運び、詳細を聞いてみた。
「カッパドキアに広がる岩窟住居群は、かつて迫害されたキリスト教徒が隠れ住んだ場所。それら岩窟内は年間を通して温度が一定に保たれ、ワインの貯蔵に適しています。カッパドキアにはワイナリーが数社あり、そのなかでもっとも知られているものがトラサンというメーカーのワインです」

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

おもしろニュース

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2011年8月5日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。