bit

電子レンジでの「解凍上手」になりたい!

食品が傷みやすい時期。
「冷蔵よりも、すぐに冷凍してしまったほうが長持ちし、美味しく食べられる」という食品は多数ある。
だが、問題は、解凍がなかなかうまくいかないこと!

自然解凍や、冷凍室から冷蔵室にうつして解凍する場合、失敗も少ないが、すぐに使いたい・食べたいときは多いもの。
となると、電子レンジを使用することも多いが、自動ボタンで「全解凍」「半解凍」などを選ぶと、一部はまだ凍っているのに、他の部分は熱くなりすぎたり、縮んだりするということが起こりがちだ。

なぜ解凍がうまくいかないの? 一般社団法人日本電機工業会・家電部担当者に聞いた。

「電波には『尖ったところに集中する』『氷より水に吸収されやすい』『厚みがある物は内部より外側が加熱されやすい』という性質があります。したがって、食品の形状が不均一であったり、食品表面に霜や氷が着していると、うまく解凍できない場合があります」

では、加熱調理する場合、どのような手順で解凍すれば良いのか。
「肉など加熱調理するものは全解凍します。一部分温度上昇や変色があっても、加熱調理するので支障はありません」

刺身など、生で食べたいものの場合は特に、解凍が難しい。機種によって、解凍のコースはいろいろあるけど、どのような点に注意すれば良いのだろうか。
「お刺身の解凍に適したコースを選択してください。例えば『半解凍』などの機能がある機種であれば、半解凍状態で仕上げ、少し自然解凍します。機種によって、ラップはしない、発泡スチロール製のトレーのまま、ペーパータオルに載せるなど、注意事項が取扱説明書に記載してありますので、ご確認いただければと思います」
編集部おすすめ

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コネタニュースランキング

コネタランキングをもっと見る
お買いものリンク