review

ゲーマー集まれー! 全盛期には100万部、伝説のファミコン雑誌「ファミマガ」の裏話を教えるよー

ゲーマー集まれー! 全盛期には100万部、伝説のファミコン雑誌「ファミマガ」の裏話を教えるよー
タイトルに「超」と付いているだけでも「ファミマガっ子」としてはニヤリ。「超ウルトラ技」とか「超新作」とか、なんでもかんでも超をつけるのはファミマガの得意技だった。
みんなは「ファミマガ」を覚えているだろうか?
ファミリーコンピュータMagazine、通称「ファミマガ」は、1985年から1996年にかけ、徳間書店から発売されていた、日本初のファミリーコンピュータ専門誌。当時「ゲーム専門誌」としては、日本ソフトバンクの「Beep」がすでにあったけれど、ファミコンという単一のハードに焦点を当てた雑誌は正真正銘「ファミマガ」がはじめてだったのだ。

子供のころ、ぼくはこの「ファミマガ」という雑誌が大好きだった。
当時はゲーム雑誌の創刊ブームで、どの雑誌を愛読しているかによって、その人のおおよそのゲーマー的傾向がわかった。セガ派の人は「Beep」一択だったし、クラスのひょうきん者的ポジションの人は「ファミコン通信」、ちょっとスレたゲーム好きは「ファミコン必勝本」をよく読んでいた(ソースはぼくの記憶)。
その点、じゃあ「ファミマガ」読者はどんな人か? というと、わりとどんなゲームも全方位的にたしなむ「正統派ゲーマー」が多かったように思う。他誌のように名物編集者や変わった企画をプッシュしたりせず、あくまで新作紹介と攻略に徹し、ゲームそのものの魅力をフラットに伝ようとする姿勢がぼくは好きだった。全盛期には100万部を発行し(今のファミ通の約2倍!)、ファミコンブームを陰で支えた功労者でもあった。

そんな「ファミマガ」の思い出や、創刊当時の裏話を赤裸々につづった一冊が、この

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「ゲーマー集まれー! 全盛期には100万部、伝説のファミコン雑誌「ファミマガ」の裏話を教えるよー」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    儲かって儲かって仕方なくて,当時の編集者だったかが,銀座のクラブでホステスにフ○ラさせてやったぜーとか自慢してたのを思い出した。

    0
この記事にコメントする

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2011年8月29日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。