review

破壊(阿部サダヲ)が叫んだ! 暴動(宮藤官九郎)は泣いたかも!? 「グループ魂の決勝戦!日本武道館」

破壊(阿部サダヲ)が叫んだ! 暴動(宮藤官九郎)は泣いたかも!? 「グループ魂の決勝戦!日本武道館」
一般から募集した「男、腐りかけ」作詞コンテストの結果発表では、ピエール瀧、夏木マリなど豪華ゲストが登場し、受賞作品を唄って披露した。第1位を唄ったのは、まさかのあのひと。ツアーの裏側をまとめた情熱三宅大陸の特典映像もあり、トータルで約4時間20分というボリュームだ。
「はいどうも、武道館ーっ!」
今年1月から行われたグループ魂の全国ツアーのファイナル、日本武道館でのライブを収録したDVD&ブルーレイ「グループ魂の決勝戦!日本武道館」が発売された。

グループ魂。読み方は、「グループたましい」(間違えて「グループだましい」というひとが多いので、気をつけて!)。7人組のパンクコントバンドだ。
ボーカルの破壊は、劇団大人計画の看板役者で映画「舞妓haaaaan!!!」やドラマ「マルモのおきて」の主演も果たし、さらにはコイケヤポテトチップスのコイケ先生やクイックルワイパーのクイックル博士などCMでもおなじみの……とまでいえばわかるだろうか。ハイテンションな役から狂気じみた役まで幅広くこなせる演技力を持ち、少年のようにかわいらしい見た目と色気のある声が特徴の阿部サダヲだ! 同じく大人計画所属でドラマ「木更津キャッツアイ」や映画「少年メリケンサック」などのヒット作を生み出した人気脚本家、最近は『週刊文春』の連載でいいパパぶりも見せているクドカンこと宮藤官九郎がギターの暴動を担当。ドラムの石鹸は、「少年メリケンサック」でモヒカンのドラマー役を演じ、子ども番組「みいつけた!」(キッズワールド)では、ぴっちりとした七三ヘアーに仲本工事風のスタイルで、子どもたちと唄って踊りながらイス取りゲームをしている、顔の四角い俳優三宅弘城。他には、ギターの遅刻(富沢タク)、ベースの小園(小園竜一)、大道具のバイト君(村杉蝉之介)、港カヲル(皆川猿時)が在籍。2005年には「君にジュースを買ってあげる」で紅白出場も果たしている。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2011年8月31日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。